大田区議会議員 黒沼良光の活動報告

黒沼良光が政治を志したきっかけ

政治を志すきっかけ

民間会社に勤めた時代、原子力発電建設の仕事で未完成の技術のもとに法律をつくり危険な建設を進める政治の世界に疑問・問題意識をを持ち、政治の世界に飛び込みました。

黒沼良光が考える平和問題

平和問題

原子力発電は、政治を志すきっかけともなった問題です。 核兵器廃絶と原発さようならをするための、自然エネルギー再生に取り組んでいます。

 

核のない世界へ

住みよい街へ

地域での活動

 

待ちに待った「アップル」への追徴課税

 しんぶん「赤旗」朝刊に欧州委員会から最大1兆4885億円の追徴金が命じられたと報じられました。アイルランドにタクスヘイブンで税逃れしていた分です。
 「時として、資本主義を強欲な資本家から救い出さなければならないことがある」米通信機器大手アップルの現地法人による税逃れをめぐり、英経済紙フィナンシャルタイムスが報じました。
 欧州委員会は他にも米スターバクス、アマゾン、マクドナルドなどの多国籍企業についても調査中といいます。日本企業はいまのところありません。Photo
 

日本共産党

日本共産党

新聞赤旗

日本共産党大田区議団

日本共産党 日本共産党大田区議団 しんぶん赤旗 大田区 大田区議会 日本共産党facebook 日本共産党Twitter
Copyright© 2010 大田区議会議員 黒沼良光 公式Webサイト All Rights Reserved.