大田区議会議員 黒沼良光の活動報告

黒沼良光が政治を志したきっかけ

政治を志すきっかけ

民間会社に勤めた時代、原子力発電建設の仕事で未完成の技術のもとに法律をつくり危険な建設を進める政治の世界に疑問・問題意識をを持ち、政治の世界に飛び込みました。

黒沼良光が考える平和問題

平和問題

原子力発電は、政治を志すきっかけともなった問題です。 核兵器廃絶と原発さようならをするための、自然エネルギー再生に取り組んでいます。

 

核のない世界へ

住みよい街へ

地域での活動

 

「世界のバブル経済のトップランナーがアベノミクス」とは?

 アベノミクスが始動して8年 になります。実体経済が成長しないのに株価が当初から2倍に増えました。これが儲けの根拠です。日本では最大株主は大量の日本株を買い込んだ海外投資家になりました。目的は高い配当金と株式売買差益を追求することです。
 それには終身雇用の廃止、非正規雇用の拡大、賃金削減、リストラの横行が必須です。この結果中流社会は分断、「貧困・所得格差拡大国」に転落しています。党大会決定でも指摘されています。
 安倍政権は、そのために年金積立金と日銀を株式投資にb使っています。日銀マネーを18兆円もすでに流入させています。年金積立金は38兆円、さらに外国証券に60兆円も投資しています。何かがあるとすべて損失になります。
 世界トップレベルの借金を抱える日本になりましたv。国債発行残高は1000兆円を超えます。さらに今年226兆円ほどの赤字国債を発行するようになれば巨額の政府債務はさらに消費税増税や社会保障削減の圧力になっていきます。こんなことはとうてい許せません。
 

日本共産党

日本共産党

新聞赤旗

日本共産党大田区議団

日本共産党 日本共産党大田区議団 しんぶん赤旗 大田区 大田区議会 日本共産党facebook 日本共産党Twitter
Copyright© 2018 大田区議会議員 黒沼良光 公式Webサイト All Rights Reserved.