東京蒲田医療センターの存続と分娩再開を!

東京蒲田医療センター さらなる街頭署名行動にご参加ください。

より地域に密着した医療機関になりました。新院長は医師による分娩の再開に強い意欲を示しています。

蒲田総合病院の相続と分娩再開

蒲田総合病院の存続と分娩再開

度重なる年金不祥事から10月に社会保険庁は解体し、健康保険部門を「全国健康保険協会」に移行し病院関係は保有者を失いました。社会保険病院東京蒲田医療センターは、政権与党の「施設整理機構(RFO)で二〇一〇年十月までに譲渡先を検討する」という合意の通りになってしまいました。

住民の地域医療を支える公的施設として

RFOの目的は「譲渡・廃止」です。そうではなくて地域住民の願いは、これまでどおりの「公」として、「総合」として存続して逆に拡充して欲しいというものです。願いの実現のために希望が出てまいりました。国会で、大田区と東京都との相談無しに進めてはならないとの付帯決議がなされました。

大田区も前向きに

今回終了した第4回定例区議会で区は「区としては今後とも引き続き東京蒲田医療センターに対して地域医療への取り組みをお願いしてまいります。」署名で世論を広げましょう。行動にご参加ください。

【朗報】小児病棟再開の見通し

東京蒲田医療センターでは、9月に閉鎖された小児病棟が再開される見通しがでてきたとのうれしい情報です。蒲田医師会の強い要望です。

産科の再開にも努力

厚労省に要請した際、応対の係長が「必死になって医師探しを始めました。」と答えました。

発行者
社会保険東京蒲田医療センターの存続と分娩再開を求める職員有志と地域住民の連絡会

 

日本共産党

日本共産党

新聞赤旗

日本共産党大田区議団

日本共産党 日本共産党大田区議団 しんぶん赤旗 大田区 大田区議会 日本共産党facebook 日本共産党Twitter
Copyright© 2017 大田区議会議員 黒沼良光 公式Webサイト All Rights Reserved.